セミナーのご案内

主催セミナー情報

定性情報集積の重要性と活用のポイント(東京)

セミナー概要

 

金融機関や専門家にとって、企業の経営改善の打ち手や次なる成長戦略を策定するためには、財務諸表には十分表現されない経営実態・事業価値を把握し、その診断・評価情報(目利き情報)を蓄積することが大切です。これらを実現するため、取引先の財務業績を生み出す定性的な経営力の評価ポイントを整理し、非財務情報を組織的に蓄積し、業種別・ライフサイクル別等、持続成長にむけた支援の勘所を組織知として保有・活用する体制づくりが必要です。

 これら定性情報(知的資産経営情報)は、利害関係者間の情報整理・共有に必要不可欠であり、実効性の高い経営改善計画書作成の土台となる、経営実態情報といえます。

 本セミナーでは金融機関の寺岡雅顕氏にその重要性と事例について、「取引先の実態把握、事業持続可能性判定プログラム」を開発している中村博之氏にご講演をいただきます。

今回は、特に金融機関、専門家の皆様に是非お聞きいただきたい内容です。ふるってご参加下さい。

 

★17:00~18:10  
広島銀行融資企画部 寺岡雅顕 氏

●定性情報集積の重要性と活用のポイント
  1.地域金融機関における定性情報(知的資産情報)の
    位置づけ
  2.企業を取り巻く環境の把握と経営戦略の見方など
  3.田の字の罠(SWOT分析・PPM分析の限界)
  
★18:15~19:00 
知的資産マネジメント支援機構 中村博之氏 
  
● 経営実態把握に有効な企業評価モデルの考え方
   1.中小企業を取り巻く外部環境の変化
   2.地域金融機関における新たな企業評価手法の
     必要性(企業実態把握の勘所)
   3.業務プロセスの見直し      
             ・収集 分析整理 見込案件抽出 提案機会拡大      
             ・事業持続可能性判断と出口戦略
             ・顧客支援対応 基準整備

             ★質疑応答

 

● 寺岡 雅顕 氏

 広島銀行入行後、主に融資部門を担当。現在融資企画部 業務役 審査部門の企業支援チーム(CFグループ)審査役兼担当課長を経てRCC(株式会社 整理回収機構)に出向。その後監査部、リスク統括部で企業格付を担当し、現在は融資企画部で行内における融資関連研修の企画ならびに指導を行っている。

 

● 中村 博之氏  知的資産マネジメント支援機構株式会社 代表取締役

中央大学商学部卒業後株式会社リクルート入社。人材総合サービス事業部門にて人材採用・育成・組織制度などに従事後、セカンドキャリア支援プログラムの開発・事業の立ち上げを行う。2008年知的資産マネジメント支援機構株式会社設立、以降、地域金融機関向けサービスを提供。①『法人営業業務標準化・高度化サービスによる顧客支援力向上と案件発掘力強化』②『事業持続可能性(将来の見通し)判断の高度化による与信管理機能の充実』③『法人CRM・企業定性情報収集システム』等の提供

セミナー概要

主催

CRC 代表理事 真部 敏巳

後援

アセットパートナーズグループ

開催年月日 2013年02月25日(月)

17:00~19:10
開場:16:30 

会場

CRCセミナールーム      
千代田区神田司町2-2-7パークサイド1ビル6階
電話03-5296-2224

交通

東京メトロ銀座線神田駅4番出口より徒歩5分
JR神田駅北口、西口 より徒歩5分

費用

一般 5,000円/ TAM講座既卒者3,000円
CRC会員 ・ 金融機関  無料

お申込先

CRC本部 TEL 03-5296-2224

お申込方法

以下よりお申し込みください。

定性情報集積の重要性と活用のポイント(東京)お申込みフォーム

  • *必須項目となっておりますので、必ずご入力ください。
  • 漢字、カタカナ、平仮名全角文字でご入力ください。
お名前*

お名前を入力してください。

フリガナ*

フリガナを入力してください。

会社名*

会社名を入力してください。

フリガナ*

フリガナを入力してください。

所属名 役職名
E-mail*

メールアドレスを入力してください。

メールアドレス形式が正しくありません。

TEL*

お電話番号を入力してください。

FAX 携帯(※緊急連絡用)
住所*

住所を入力してください。

請求書宛名 (※必要な場合は、ご記入ください)
紹介者 (※紹介者がいらっしゃる場合は、ご記入ください)
下記の中から
お選びください
   

上記から1つ選択してください。

コメント欄

※申込を受領後、ご請求書を送付致します。

このページの先頭へ戻る