CRCのサービス

事業再生支援

コンサルティング事例

CRCでは、「事業再生支援」のプロジェクト事例を紹介しております。 それぞれの業種の特徴も見ることができます。

原価管理の徹底から利益率の増加を図る

建設業

公共工事の予算縮小や日本経済の悪化により、建設業では依然厳しい状態が続いている。売上高増加が見 込めない中、利益率の向上が経営改善の解決策の一つとなるが、本稿では、徹底した原価管理と選別受注に より売上高重視から利益率重視の企業体質への転換を図るための方策を探る。

会社分割による企業価値向上で再建

不動産業

不動産業の多くは経営破綻を迎えそうになった際、倒産法の手続に乗せながら不動産の競売により一部の債務を返済して会社を清算する傾向があったが、近年の会社分割や不動産流動化に関する法制を活用することで、当該企業のB/Sを改善し、健全な経営体質に戻した上で、新たな可能性を持った「事業」として再出発させるケースも出てきた。

事業リストラの方向性をポジショニングマップで検証

運輸・倉庫業

日増しに厳しくなる運輸・倉庫業の経営環境。不振企業再建のポイントは、IT活用による業務の効率化と総合物流業への脱皮となりそうだ。まずは、再建の方向性を定めるためにも、ポジショニングマップによる企業の現状分析が欠かせない。企業再建までの道のりを具体的事例に探る。

拡大路線の失敗から選択と集中により事業再生

教育~中堅進学塾~

教育関係のビジネスに進出する際には、「資格」や「受験」という間口をどうやって別な層に広げられるか、あるいは得意分野の情報を徹底して深掘りすることの選択が大きなポイントとなる。ビジョンのない拡大路線は、窮境に陥る大きな要因となる。

小売業再生のポイントは店舗の運営能力と在庫管理

小売業~総合衣料品店~

小売業の再生は、仕入先の見直しや店舗のレイアウト、陳列などの見直しなど、解決すべきポイントは多 い。中でも特に重要となるのは、店舗の運営能力向上のための店長の教育と在庫管理である。具体的事例に 再生のポイントを探る。

売却不可能な企業を選択と集中で健全化

卸売業~化粧品卸業者~

企業の売却を実施しようとも財務状況など種々の問題が散見されればそれすらままならず、リ ストラ計画を立てても実 行 者がいなければ絵に描いた餅に終わってしまう。そのような企業を再生すべく、本稿はターンアラウンドマネージャーの出向により思い切った選択と集中を実施し、立ち直るきっかけを掴んだ事例である。

経営資源の蓄積度合いに応じた成長戦略を具体化し自主再建を達成

遊技機器部品製造・販売業

本稿では、市場が衰退する中、経営資源の蓄積度合いに応じた成長戦略をどのように具体化して自主再建 を果たすか、具体的な自主再建型経営改善事例を採り上げる。

徹底した従業員へのコスト意識浸透による製造業の経営革新

金属製品製造・卸売業

本稿では、経営・生産管理・財務全般にわたる旧来の「慣行」を改革することで、近年債務超過に陥った 老舗製造業が再生のきっかけを掴むまでのプロセスを追う。

新規事業からの早期撤退と本業回帰により再生を図る

建設業~地方都市の公共工事依存型建設業~

大都市圏では少しずつ明るさが見え始めた建設業であるが 、 公共工事依存度の高い地方都市においては相変わらず厳しい状況が続いている 。 本稿では、 そのような現状に対する不安感から安易な新規事業展開を選択してしまった地方の建設業者の再生事例をとりあげる。

自社の強みと収益性のバランスを踏まえた選択と集中で事業を再構築

通信販売業・生活関連用品卸売業

事業領域の拡大路線をたどってきた企業は、事業収益の中心が本業以外になっていることが多い。このよ うな場合、複数の事業戦略の失敗と本業の収益の自然減により利益率が低下している状況にある。各事業を 分析し、いかに事業の選択と集中を行うかが今後の企業の動向を左右する。

資金調達能力を復元化し再生を図る

ディベロッパー

公共工事の予算縮小や日本経済の悪化により、建設業では依然厳しい状態が続いている。売上高増加が見込めない中、利益率の向上が経営改善の解決策の一つとなるが、本稿では、徹底した原価管理と選別受注により売上高重視から利益率重視の企業体質への転換を図るための方策を探る。

再生への意識共有が再構築に加速度をつける

温泉旅館業

温泉旅館の課題は債務償還年数が長いことにつきる。設備投資が先行するあまり、リニューアルにもまと まった投資が必要となり借入依存となる。したがって、早急な負債圧縮、資本増強を行う必要があるが、同 時にキャッシュフローの最大化も重要。本業の利益最大化には人件費の削減等に加え、抜本的なビジネスモ デルの見直しが必要となる。そして、再生実現には経営者のビジョンの明確化と全従業員の再生への意思統 一が原動力となる。

ご相談はこちら

このページの先頭へ戻る