事業承継マネージャー養成講座【2016年11月12日~ 東京・大阪会場にて開講!】■6日間11講座 座学、ディスカッションや演習を交え、承継デューデリジェンス(DD)から承継計画策定まで、事業承継を進めるうえで必要となる具体的なステップを習得していただきます。■講座最終日には検定試験を実施いたします。筆記試験合格者には、「事業承継マネージャー」の認定資格<(一社)金融検定協会認定>が授与されます。

事業承継マネージャー養成講座5つのポイント

事業承継マネージャー養成講座の講座日程

  第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回
東京 11月12日(土) 11月13日(日) 11月19日(土) 11月20日(日) 12月3日(土) 12月4日(日)
大阪 11月19日(土) 11月26日(土) 11月20日(日) 11月27日(日)
午前 承継概論・承継診断 承継における
税務・相続
事業承継DD
後継者選定と教育
出口戦略・外部承継
M&Aの活用
経営承継計画策定
資産承継計画策定
事業承継事例
承継経営者講話
午後 承継の法務 法令 資産承継
不動産対策
事業承継における
公的支援の
理解と活用
金融機関対応
企業価値向上
生命保険の活用

検定試験

※東京と大阪講座では2回目、3回目の講座のカリキュラムの日程が異なります。ご注意ください。
【ご案内】カリキュラム内容、講師は予告なく変更になる場合もございます。ご了承ください。

事業承継マネージャー養成講座のお申込はこちら0120-518-218

事業承継マネージャー養成講座の流れ

事業承継の総合理解>事業承継に関する調査分析のポイント>具体的な承継手法の理解>事業承継に必要な知識の習得>事業承継に必要な知識の定義実践

次のステップへ

事業承継マネージャー養成講座のカリキュラム
大阪講座は4日間、最終2日間は東京の講座に合流となります。

ご都合により受講ができない講座は、振り替え受講が可能です。詳細はお問い合わせください。

【第1回】東京 11月12日(土)大阪 11月19日(土)

  テーマ カリキュラム内容 講師
午前 承継概論・承継診断
承継講座概論
企業承継の考え方、承継の進め方のポイント、本講座概要説明
承継マネージャーとしての心得と信頼獲得のポイント
企業承継 9つの選択肢
経営・資産承継診断 概論(承継チェックリストについて説明)
「知識ゼロからの事業承継」書籍の活用
河合 保弘
午後 承継の法務 法令
法務、法令の基本知識
相続に関する民法の特例、遺言
民事信託の活用と基礎知識
相続に関する事例 訴訟問題、事業承継ADR
会社法、経営支配権、不動産の法務知識 知的所有権の移転
承継時における人事、労務に関する知識、法令
河合 保弘

【第2回】東京 11月13日(日)大阪 11月26日(土)

  テーマ カリキュラム内容 講師
午前 承継における
税務・相続
資産評価と税務問題
資産承継概論
資産評価の方法や事業承継税制税務問題
相続税、贈与税について
春田 泰徳
午後 資産継承
不動産対策
資産承継戦略
エステートプランニング
企業承継戦略としての不動産マネジメント
民事信託
飯塚 祥一

【第3回】東京 11月19日(土)大阪 11月20日(日)

  テーマ カリキュラム内容 講師
午前 事業承継DD
後継者選定と教育
事業承継のためのデューデリジェンス(DD)のポイント
承継DD結果からの承継対応ステップ
後継者の選定と育成
後継者選定の基準と選定方法について説明 ・後継者教育について
組織(社内)への告知と理解 企業統治の仕組み化
宮崎 健治
午後 事前承継における
公的支援の理解と活用
事業承継における公的施策の理解と活用
大山 雅己

【第4回】東京 11月20日(日)大阪 11月27日(日)

  テーマ カリキュラム内容 講師
午前 出口戦略・外部承継
M&Aの活用
承継における親族外承継とM&A
(M&Aの活用と進め方について解説)の進め方
老舗企業の事業承継から学ぶ
桐明 幸弘
午後 金融機関対応
企業価値向上
生命保険の活用
円満な事業承継に向けた金融機関との付き合い方
(経営者保証ガイドラインに学ぶ事業価値の向上他)
事業承継時における生命保険の活用
寺岡 雅顕
生命保険会社

【第5回】東京 12月3日(土)

  テーマ カリキュラム内容 講師
午前 経営承継計画策定
資産承継計画策定
企業承継における経営承継計画の策定演習
(経営承継に関する承継計画策定の演習、グループ討議の後発表)
企業承継における資産承継・相続についての計画策定
(株式譲渡・相続に関する演習、グループ討議の後発表)
宮崎 健治
春田 泰徳
午後

【第6回】東京 12月4日(土)

  テーマ カリキュラム内容 講師
午前 事業承継事例
承継経営者講話
承継事例解説
(経営承継・資産承継・経営者交替経営に関する事例を解説)
事業承継に成功した経営者の講話
(事業承継、後継者育成について経営者の講話)
真部 敏巳
吉野家HD会長
安部 修仁氏
午後 検定試験
一般社団法人 金融検定協会認定
「事業承継マネージャー検定」試験
試験官
河合 保弘

※東京と大阪講座では2回目、3回目の講座のカリキュラムの日程が異なります。ご注意ください。
【ご案内】カリキュラム内容、講師は予告なく変更になる場合もございます。ご了承ください。

事業承継マネージャー養成講座受講料

事業承継マネージャー養成講座のお申込はこちら0120-518-218

次のステップへ

CRCが提供する事業承継マネージャー養成講座の特長

CRCが提供する事業承継マネージャー養成講座の特長詳細

企業再建・承継コンサルタント協同組合(略称CRC)は、中小企業に特化して、事業再生・事業承継の支援をするために活動している専門家を全国でネットワークした経営革新等支援機関(認定)です。

全国の⾦融機関、各種団体、専⾨家と連携し、2001年設⽴以来、370社以上の⽀援実績を積み重ねてまいりました。事業再⽣・承継のスペシャリストを養成するターンアラウンドマネージャー(TAM)養成講座は、専門家や⾦融機関の皆様にご好評いただき、現在までに1,180名が受講。受講後のステップとして中⼩企業の再⽣・承継⽀援に実際に関与するTAMも多数輩出しています。

本事業承継講座は⻑年の経験から現場で活かせる、実践で使える知識とノウハウを習得できるスペシャリスト講座です。

事業承継マネージャー養成講座のお申込はこちら0120-518-218

事業承継マネージャー養成講座の主な講師

事業承継マネージャー養成講座主任講師:河合保弘

河合 保弘

司法書士。中小企業総務部、医療法人理事などの職歴を経て、1996年より大阪市にて長田・河合市民法務総合事務所を開設。現在は司法書士法人ソレイユ代表司法書士。中小企業に特化した「企業支援業務」に取り組むと同時に、人材の育成にも注力している。主要著書に「”種類株式プラスα”徹底活用法」(ダイヤモンド社)新刊「種類株式&民事信託を活用した戦略的事業承継の実践と手法」(日本法令)等がある。 CRC常務理事

事業承継マネージャー養成講座主任講師:宮崎 健治

宮崎 健治

神戸大学経済学部卒業。1974年、(株)三井銀行を経て、さくら総合研究所(現日本総研)PWCコンサルティング(現IBMビジネスコンサルティング)のコンサルティングに従事。現在クリエイティブマネジメント研究所所長。中小企業基盤整備機構専門家アドバイザー、東京都中小企業再生支援協議会・再生支援アドバイザー。CRC理事

事業承継マネージャー養成講座主任講師:春田 泰徳

春田 泰徳

公認会計士・税理士  春田公認会計士事務所 代表・税理士法人春田会計 代表社員 CRC組合員
早稲田大学商学部卒
現在、日本公認会計士協会租税調査会委員、日本公認会計士協会税務第二委員会委員、一般社団法人 金融検定協会試験委員、事業再生実務家協会会員、東京都債権処理委員会委員他。

事業承継マネージャー養成講座主任講師:真部 敏巳

真部 敏巳

小樽商科大学商学部卒業。(株)リクルート住宅情報・(株)リクルートコスモス(現:コスモスイニシア)流通営業部を経て、公認会計士事務所の不動産関係会社社長。1992年(株)アセットパートナーズを設立後、専門家集団の(株)サテライト・コンサルティング・パートナーズ創業パートナー。定期借地権・定期借家権・不動産の証券化等のコンサルを手がける一方2001年に当組合を設立。現場の第一線で企業再建・承継コンサルタントとして全国行脚。 CRC代表理事

次のステップへ

事業承継マネージャー養成講座のお申し込み・お問い合わせ

事業承継マネージャー養成講座のFAXでのお申込はこちら

事業承継マネージャー養成講座へお申し込みをご希望のかたは、以下のフォームに必要事項をご入力いただき、送信内容の確認画面へお進みください。また、の項目には必ずご入力ください。

お名前
フリガナ
会社名
会社名フリガナ
所属・役職
メールアドレス 例)name@domain.co.jp
お電話番号
ご住所
養成講座を何で
お知りになりましたか?
雑誌  新聞  紹介 (紹介者 )  インターネット  その他
その他講座に
求めることなど

CRCでは細心の注意を払って個人情報を管理・保護しております。お客様からいただくご連絡の内容につきましては、ご回答を差し上げるため、又は弊社からお客様へのより良いサービスのご提供などへの参考とさせていただく目的以外には利用いたしません。詳しくは「個人情報保護方針」のページをご参照ください。

gotop